新刊リスト| 既刊リスト| 季刊・経済理論リスト| 近刊予定
*ご注文いただく前にお読みください
新刊リスト:2020年7月刊

季刊・経済理論 第57巻第2号

特集◎ポストキャピタリズムへ

経済理論学会編

B5判並製/本体2000円+税
ISBN978-4-905261-97-1
詳細をみる

新刊リスト:2020年4月刊

なるほどマル経:時の流れを読む経済学

鳥居伸好(中央大学教授)著

マルクス経済学(マル経)のA to Z
基礎概念と理論の核心部分を70の設問形式で説き・解き明かす。

A5判/並製/132頁
ISBN978-4-905261-45-2
本体1700円+税
詳細をみる


季刊・経済理論 第57巻第1号

特集◎資本主義のオルタナティブ:資本主義の限界と政治経済学の課題

経済理論学会編

B5判並製/本体2000円+税
ISBN978-4-905261-96-4
詳細をみる

新刊リスト:2020年1月刊

季刊・経済理論 第56巻第4号

特集◎米中覇権争いのゆくえ

経済理論学会編

B5判並製/本体2000円+税
ISBN978-4-905261-95-7
詳細をみる

新刊リスト:2019年12月刊

合併の代償:日産全金プリンス労組の闘いの軌跡

伊原亮司(岐阜大学准教授)著

少数派として闘い・働いた人たちの跡形(あとかた)をとおして、日産という会社のもうひとつの相貌(かお)を描く労働現場からみた日産側面史!

A5判/上製/374頁
ISBN978-4-905261-44-5
本体3800円+税
詳細をみる

新刊リスト:2019年10月刊

マルクスの恐慌論:久留間鮫造編『マルクス経済学レキシコン』を軸に

大谷禎之介・前畑憲子=編
久留間鮫造・大谷禎之介・前畑憲子・小西一雄・宮田惟史=執筆

『資本論』をどう読むか、どう読んではいけないか!
マルクスによる恐慌・産業循環の理論的展開を精彩かつ精緻に跡づける。

A5判/上製/772頁
ISBN978-4-905261-43-8
本体8600円+税
詳細をみる


季刊・経済理論 第56巻第3号

特集◎生産性の概念を問い直す

経済理論学会編

B5判並製/本体2000円+税
ISBN978-4-905261-94-0
詳細をみる

新刊リスト:2019年9月刊

日本経済の長期停滞をどう視るか

菊本義治・齋藤立滋・長島勝廣・林田秀樹・本田豊・松浦章・間宮賢一・山口雅生=著

日本は「好況?」それとも「不況?」
日本経済を景気循環論からみると今は好況であっても
経済の趨勢的視点からは今は不況なのである。
なぜ!
日本経済の問題と課題にズバリ切り込む。

A5判/上製/194頁
ISBN978-4-905261-42-1
本体2600円+税
詳細をみる